ARCHIVE

12ステッププログラムとは?

 ひきこもりアノニマス(HA)は、12ステッププログラムによって、問題の解決と成長を達成し、維持することを目的として作られました。HAの12ステップは、アルコール依存症からの回復プログラムであるAAの12ステップを翻案し、HAのメンバーが、ひきこもりからよくなるための共通の道具として採用しているものです。

 HAの12ステップは、私たちがひきこもりによって社会生活、人間関係、または自分の生き方の問題に対し、自分自身の力だけではどうにもならなくなったという無力を認め(ステップ1)、自分を超えた大きな力を信じ(ステップ2)、自身の生き方をそれに委ねることなどを提案しています(ステップ3)

棚卸し・埋め合わせとは?

 回復プログラム12ステップにおいて私たちが具体的に取り組むことになるのが、「棚卸し」(ステップ4・5)と「埋め合わせ」(ステップ8・9)です。棚卸しと埋め合わせに取り組むためには、「スポンサー」と呼ばれる「信頼のおける、理解ある人」(『HAの12ステップ』53ページ)のサポートが必要不可欠です。自分独りの力のみによって取り組むことはステップワークでは推奨されません。

 「棚卸し」とは、一方で「これまでの生き方を点検し、あらゆる重要な行動、道徳的、倫理的な出来事、それに対する自分の感情、そのような行動を取る要因となった性格的な特徴をすべて書き上げること」(『HAの12ステップ』36ページ)であり、他方で、そのようにして書いた棚卸し表を「もう一人の人に対して正直に話すこと」(同上50ページ)です。つまり、私たちは棚卸しによって、一方で自分自身の等身大・在りのままの姿を正直かつ徹底して認め、他方でそれをほかの誰かに分かち合うことによって自分自身のことを許し、等身大・在りのままの自分の姿を受容していこうとします。そのような癒しや受容の体験を通じて私たちは、これまでの自分の考え方や生き方では目に入らなかった・感じられなかった・信じられなかったような「生きていくことの希望や新しい人生の展望」を見出していくことができます(より具体的な説明についてはこちらの「棚卸しとは?」をクリックしてください)。

 「埋め合わせ」は、棚卸しの延長線上にあるステップであり、棚卸し作業をやっていけば誰でもスムーズに埋め合わせ作業に取り組むことができます。

「スポンサー」の探し方

 12ステップを一通り実践している人がスポンサーになることが望ましいです。スポンサー選びにおいて最も重要な点は、「私たちを判定したり、治そうとする人」ではなく、むしろ「秘密を守って寛容な態度で聞いてくれる人、客観的に見て伝えてくれる人、私たちと一緒に過去を点検して必要なものを導いてくれる人」(『HAの12ステップ』53~54ページ)を選ぶということです。自分の過去を否定も肯定もせず、ただ静かに尊重して理解しようとしてくれる人を選ぶことが大切です。

 スポンサーを実際にどうやって探せばよいかは、ミーティングで出会ったHAメンバーに尋ねたり、HAアンサリングサービスなどを通じてご相談ください。喜んでお答えします。

HAミーティングハンドブック

冊子「HAミーティングハンドブック」

冊子「HAミーティングハンドブック」

HAミーティングで使用されるハンドブック。2021年3月に改定された最新版。

序文
HAとは?
12のステップ
12の伝統
ミーティングの進め方

http://hikikomorianonymous.org/handbook/

  • Share:
HOME ARCHIVE